宮崎の就業規則・労使協定相談室へようこそ・全国対応

 

 弁護士・社会保険労務士の梶永 圭と申します。

 この度は、宮崎はまゆう法律事務所&宮崎はまゆう社労士事務所の就業規則・労使協定相談室にお越しいただき誠にありがとうございます。

 

 就業規則を作成はしたが、実は、インターネットでダウンロードしたテンプレートを利用して、ちょっとアレンジしただけものだったりしてしまいがちです。しかし、そのままだと労使間トラブルを招くことになりかねません。

 例えば、従業員が診断書を持参してハラスメントを理由に休職の申出をすることがあります。その場合、どのように対応すればよいのか?また、何時まで休職を認めればよいのか?休職期間満了の際には、解雇の手続きを行えばよいのか?従業員が何度も断続的に診断書の提出して休職を求める場合には休職を認めなければならないのか?

 また、仕事が終わってもダラダラ会社に居残っていただけなのに、タイムカードを盾にとって未払い残業代を請求してきたりする場合もあります。その場合、タイムカードの打刻時間に従って残業代の支払いをする必要があるのか?

 さらに、ハラスメントや個人情報の漏洩等をどうすれば防ぐことが出来るのか? 

 など、使用者は様々な問題の対応に悩まされます。 

 そこで、当事務所は、労働紛争のトラブルを未然に防止するための「新しい就業規則」をご提案します。ひな形の就業規則をアレンジした物ではなく、現代型トラブルに対応した新しい就業規則のご提案を致します。

 

 また、業種によって働き方は様々であるにもかかわらず、どの業種もひな形をそのまま利用することは、本来であればあり得ないことです。

 そこで、当事務所は、業種別の就業規則をご提案いたします。

 

 一度、宮崎はまゆう法律事務所又は宮崎はまゆう社労士事務所を訪れて頂けると幸いです。ご相談は無料ですので、お気軽にご利用下さいませ。

  低価格で高品質なリーガルサービスをご提供することをお約束致します。

問題社員対策

メンタルヘルス対策

残業代対策

情報管理・漏洩対策


三大ハラスメント対策

多様な働き方への対策


飲食業のための就業規則

建設業のための就業規則

医療機関のための就業規則

IT業界のための就業規則

理容業のための就業規則

介護事業所のための就業規則


秘密は厳守します

弁護士・社会保険労務士は厳格な守秘義務が課されていますので、ご相談頂いた内容が外部に漏れることは絶対にありません。また、当事務所は、相談室を複数ご用意し、ご相談は完全予約制ですので、ご相談者様同士が顔を合わせることはありません。安心してご相談ください。